平成24年度 山梨県動物愛護デー

 

「みんなともだち かわいい なかま」。平成24年9月23日(日)、人と動物とがともに住み良い山梨を目指して開催されたのが、「山梨県動物愛護デー」です。

毎年、9月20日から9月26日は動物愛護週間。この週間は、「動物の愛護及び管理に関する法律」に基づき、ひろく国民に動物の愛護と適正な飼養について関心と理解を深めてもらうために設けられています。

今回は「ともに生きる」をテーマに、ペットを飼っている人はもちろん、これから飼おうと思っている人や子供たちに向けて、「動物とともに生きる」ということを考えるきっかけとなるようなブースやイベントが開催されました。

犬のマイクロチップ装着を行う山梨県獣医師会の出展ブースを始め、犬・ねこの飼い方相談、動物の命の大切さを訴える帝京科学大学のブース、都留市の多頭飼育問題の活動紹介、山梨グルーミングスクールによるグルーミングの実演、殺処分0を目指し里親活動を行うボランティア団体の出展ブース、そして盲導犬や聴導犬の活動紹介&デモンストレーション等、様々な団体が動物愛護に対する想いを来場者に伝えました。

また、フリスビードッグの模範演技や動物○×クイズ、動物のお医者さん体験、動物クラフト等、子供たちも楽しめるイベントも多数開催されました。

会場に足を運んだ人たちはイベントを楽しみながら、動物愛護についての理解を深めた1日となりました。

▲ワンちゃんを連れた飼い主さん達も多数来場しました
▲様々なブースが動物愛護に対する想いをPRしました
▲飼い主さんが行列をつくっていたマイクロチップの無料装着
▲マイクロチップ装着の様子。チップの埋込みは確実な身分証明になります
▲譲渡活動を行う「富士山猫を守る会」の里親募集中の猫たちです

▲子供たちに大人気だった動物○×クイズ。盛り上がりました!

▲犬の美容学校の生徒さんによるグルーミング実演が行われました
▲フリスビードッグ達が模範演技を披露。その演技に会場から拍手が!
▲「聴導犬普及協会」による聴導犬のデモンストレーション

 

 
平成24年度 山梨県動物愛護デー
日時:平成24年9月23日(日)/10時〜15時
場所:アイメッセ山梨
主催:山梨県・(公社)山梨県獣医師会